本文へスキップ

一般社団法人兵庫県LPガス協会は兵庫県に登録したLPガス販売事業者で構成された公益法人です。

TEL. 078-361-8064

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通6-3-28
兵庫県中央労働センター5階

報告REPORT

ひょうご安全の日つどい 交流ひろばに出展しました

2017年1月23日



 阪神・淡路大震災の経験と教訓を忘れることなく地域や世代を超えて伝え続けることで、風化しがちな防災意識を新たにするとともに、国内外に広く発信するためのイベント「ひょうご安全の日のつどい」が1月17日にHAT神戸 慰霊のモニュメント前(神戸市中央区脇浜海岸通)にて開催されました。

 このイベントは、ひょうご安全の日推進県民会議が主催し、「1.17ひょうごメモリアルウォーク2017(帰宅訓練)」、「1.17のつどい(慰霊祭)」、交流ひろば(防災関連展示)」、参加型・会場防災訓練などの各種イベントを催すもので、今回で22回目となります。

 追悼式典は人と防災未来センター前で開かれ、正午に子どもたちが鐘を鳴らす中、井戸知事をはじめ、県関係の国会議員、各国の総領事、県内の市町長ら、そしてメモリアルウォーク参加者を含め4300名が慰霊のための黙祷を捧げました。


LPガスポータブル発電機で、500ワットハロゲンライト投光機を点灯させて、LPガスで電力を確保できることを強くPR。

 当協会では本年も交流ひろばに出展し、LPガスが阪神・淡路大震災のような大規模災害発生時に病院や避難所、仮設住宅などで給湯、暖房、発電などのエネルギー源として大活躍し、被災住民の日常生活を支えたこと。
 また環境に優しく、災害時はもとより平時においても利便性の高いエネルギーであることを示すパネルを展示することで広くアピールしました。

 器具展示では、潟mーリツ、リンナイ梶Aパロマ梶A新コスモス電機梶A矢崎エナジーシステム鰍フ協力により、Siセンサーコンロなど各種最新型のガス器具を展示しました。


昼過ぎ頃までにゆず茶を求める長蛇の列ができ、およそ1000名に冷えきった体を熱いゆず茶で温めてもらいました。

 当日、10時半頃よりリュックサックなどを背負った大勢のメモリアルウォーク参加者が集まり始めました。
 当協会の展示ブースでは、扇港興産鰍謔闥供されたLPガスで沸かしたゆず茶の無料提供を行いウォークを終えた参加者およそ1000名にふるまいました。

 ブースに訪れる見学者からSiセンサーコンロやポータブル発電機など最新鋭ガス器具に関して質問がよせられ、各メーカーの担当者が詳しく丁寧に説明するなどしてました。



BACK NEXT
一覧ページへ

バナースペース

一般社団法人兵庫県LPガス協会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通6-3-28兵庫県中央労働センター5階

TEL 078-361-8064
FAX 078-361-8073